独立or就職して稼ぐ! ファイナンシャルプランナーになるには

独学受験するなら長期戦を覚悟! 精神力も鍛えましょう

これまでのページでは、さまざまな資格の魅力や試験情報についてご紹介してきました。
その中から自分にピッタリの資格を発見し、いざ取得しようと決意したとき、真っ先に考えてしまうのは、「独学でも合格できるか?」ということではないでしょうか。受験者のほとんどは、一度は独学を試みるものです。
確かに、書店やインターネットでテキストを購入し、独学で試験を受けるのが一番手っ取り早くて費用もかからないのでは?と考える人は多いでしょう。
しかし、誰でも独学で試験に合格することは可能ですが、『気が遠くなるような時間と労力をかければ』という条件付きです。
資格によっては、独学にでも比較的簡単に取得できてしまうものもあるかもしれません。しかし、行政書士や社労士といった難関資格になると、独学で合格するためには、並みの努力では済まされないことを覚悟したほうがよさそうです。

独学受験は、なぜそこまで時間や労力がかかってしまうのでしょうか。
主な理由のひとつとして、市販の教材のレベルの低さが挙げられます。
市販のテキストというのは、ほとんどが大手の資格試験予備校が受講生を集める宣伝用として制作している者。その性質上、市販本の中にすべての受験ノウハウを詰め込んでしまうと、予備校の受講生が減ってしまうことになります。(本を買っただけで簡単に合格されてしまっては、高い受講料を払って受講する人が減ってしまうのは目に見えていますね) ですから、結果的に市販のテキストには決め手に欠けるものが多くなってしまうようです。
このようなテキストを何冊買って勉強したところで、知識が効率よく身に付くはずもなく、当然ながら合格するまで相当な時間を要してしまいます。

独学受験の難しさの一例をご紹介しましたが、ほかにも、独学で難関試験に合格するためには、たくさんの壁が立ちはだかっています。試験に合格するためだけに時間を費やしているヒマがあるのでしたら、さっさと試験をクリアしてその後の仕事に目を向けたほうが、よっぽど効率的だと思います。少々の出費は覚悟して、試験のプロである通信講座などの力を借りるという方法が、一番賢いのではないでしょうか。