独立or就職して稼ぐ! ファイナンシャルプランナーになるには

民間資格も国家資格も両方取り! 一石二鳥を目指せ!

FPの試験について語るとき、この資格についての複雑な状況を説明にないわけにはいきません。
現在、ファイナンシャルプランナーの資格として認定されているのは、主に2つあり、ひとつは厚生労働省が管轄している国家資格『1~3級FP技能士』、もうひとつは日本FP協会が認定している民間資格『AFP・CFP』です。
この2つの資格は、まったく独立して別々に存在しているわけではなく、例えばAFPの取得に必要な条件のひとつとして2級FP技能士試験に合格することが挙げられていたり、少々関係しあって存在しています。
実際にどちらの資格を取得したほうがよい、などとは一概には言えませんが、逆にオススメしたいのは、この2つの資格を同時に取得してしまう方法です。
ちょっとした手続きをふめば、比較的スムーズに国家資格と民間資格を同時取得できてしまいます。
まずは、この方法を解説してみましょう。

2級FP技能士とAFPを同時取得する方法
①AFP認定研修を受ける
日本FP協会から認定された教育機関(通信講座など)で68単位以上を履修して提案書を提出する。規定の水準以上の得点ができれば修了。同時に2級FP技能検定の試験勉強も進めておく。

②2級FP技能検定を受検し、合格する
学科試験と実技試験を受け、両方合格する。片方だけ合格した場合は、その翌々年度までは合格したほうの試験が免除されるので、その期間内にもう片方も合格できるようにがんばる。

③AFP認定の登録をする
2級FP技能検定に合格したら、自動的にFP技能士の資格を得られるが、AFP資格のほうは労録しなければ得られない。登録手続き期間内に日本FP協会に手続きを行うこと。

 

さらに、AFP取得にも条件として挙げられている、2級FP技能検定の内容についても、確認しておくことが重要です。
ここでは、簡単に概要をご説明しますので、参考になさってください。

 

2級FP技能検定の概要
●受験資格
下記のいずれかに該当する者

  • 3級FP技能検定の合格者
  • 2年以上のFP業務もしくは実務経験があるもの
  • 日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了したもの

●試験科目
2級FP技能検定試験は、次の6つの科目から出題されます。

  • 金融資産運用
  • 不動産
  • リスク管理
  • ライフプランニングと資金計画
  • タックスプランニング
  • 相続、事業継承

●試験の形式
・学科試験 (「きんざい」、「日本FP協会」共通問題)
マークシート方式で4肢択一問題が出題され、問題は全部で60問。制限時間は120分となっている。

・実技試験

  • 日本FP協会が実施する実技試験の場合は、マークシートと記述問題を合わせて40問出題される。結論のみを記述する形式
  • きんざいが実施する実技試験の場合は、「個人資産相談業務」、「中小事業主資産相談業務」、「生保顧客資産相談業務」の3つから1つを選択し、全部で40問出題される。解答を導き出す計算過程なども記入する形式。

●合格基準
・学科試験は1問1点の配点で60問出題され、60点中36点以上で合格。

  • 実技試験は、日本FP協会の試験では100点満点中60点以上で合格。きんざいの試験は、50点満点中30点で合格となる。