独立しても就職しても稼げる資格

就職するか? 独立するか? 働き方を自由に選ぼう

前のページまでご紹介してきたのは、企業に就職するのに有利な資格と、独立開業型の資格についてでしたが、こらからご紹介するのは、そのどちらともどれるフレキシブルな資格です。
就職して資格を活かす働き方もできますし、独立開業もできる、いわば“両方OK型の資格”なのです。

例として挙げられるのは、社会保険労務士(通称“社労士”)ではないでしょうか。
労務や社会保険関係に精通した専門家、という仕事柄、企業の人事部や総務部に配属されると力を発揮できる資格です。しかし、この資格には企業に就職するという方法以外にも、独立開業して営業するという選択肢もあるのです。
というのは、中小規模の企業の場合、社内に社労士の資格を持っているような労務に精通した人材がいないことが多いので、そのような企業は、社外の開業社労士に社会保険や労務関係の事務作業を委託しているのです。独立開業する社労士には、中小企業からの需要が見込まれるというわけです。
社会保険労務士の資格を取得すると、大きな企業に就職して安定した収入を得続けるか、独立開業して高収入を得るか、という選択肢の中から自由に働き方を選ぶことができます。

このように、両方OK型の資格には、①扱う仕事の内容が幅広い企業で受け入れられる、②独立開業しても需要が見込める、という特徴が挙げられると思います。このような資格の例として、社会保険労務士以外にも、ファイナンシャルプランナーなども該当するのではないでしょうか?

それでは、次のページからは、両方OK型の資格として分類される、社会保険労務士とファイナンシャルプランナーについて詳しく見ていくことにします。