就職して稼ぐ! 宅地建物取引主任者とは

不動産の知識は社会人の基礎!最もポピュラーな国家資格

宅地建物取引主任者の資格は、通称“宅建”という名で親しまれています。
毎年20万人近くも受験者を集める人気の資格で、その秘密は不動産という特殊なジャンルを扱う資格であることに所以があるでしょう。

宅建の資格は、宅地建物取引業法という法律で定められているもので、土地や建物の売買や仲介を行う不動産業を営むためには、事業所ごとに最低1人、大きな事業所では5人に1人の割合でこの資格を持っている人を配置しなければならないとされているのです。
なぜこのような取り決めがあるのかというと、土地や建物の売買を行う際に、専門知識や情報を持つ不動産業者に比べ、買主や売主は不利な立場に立たされることが懸念されるから。宅建主任者が“重要事項説明”を行うことによって、買主や売主の立場を守り、公正な取引を行うためです。売買の対象となっている不動産に関するあらゆる事項を、宅建主任者が責任を持って説明しなければ、正式な取引として成立しないことになっているのです。

このような理由から、不動産関係の会社に転職を希望している人は、この資格を取得しておかなければ話にならない、というのはお分かりになるでしょう。
さらに、住宅メーカーや金融機関など、不動産に接する機会の多い企業で働く人にも必須となってきます。それ以外の企業でも、宅建の知識を持つ人材は必要とされるでしょう。
宅建という資格は、社会人としての基礎となる、不動産に関する知識を有することから、どんなジャンルの企業においても必要とされる、社会人として活躍するために取得して損はない資格、といえるのではないでしょうか。
さらに、不動産の知識を持つことは、仕事の上で有利になるだけはなく、自分自身の不動産売買や賃貸契約の際にも役立ちます。悪徳不動産業者にだまされない知恵が身に付いたり、物件を見極める目が養えたり、という側面だけでも、この資格を取得する価値は大いにあるでしょう。